裁判所への申し立てを離婚弁護士に代行してもらうときのポイント

なんらかの理由によって、離婚を考えているときにおいては離婚調停を行うことも選択肢となります。離婚調停は、裁判所の調停委員に離婚の調整をすることによって財産や親権などがどちらにするのかを決めていくという制度です。 離婚調停を進めても話し合いが上手くまとまらなかった場合においては、裁判をすることになります。ただ、有利に進めるために離婚を専門とする弁護士に依頼する人もいます。離婚調停をする人のうち、半分近くの割合で弁護士を代理人に付けて代わりに相手側と交渉してもらっているというデータがあります。 離婚弁護士に依頼することは、メリットは大きいです。その代わり、弁護士を代理人にたてるときには注意点もありますのでしっかりとポイントを覚えておくことが重要です。

離婚弁護士に調停の代理人として依頼するメリットとは

弁護士に調停の代理人を依頼する場合に得ることができるメリットとしては、まず弁護士が本人に代わって調停申立書の作成を行います。また裁判所へ申し立てるときの手続き及び裁判所とのやり取りなどといったすべての必要業務についても代わりに行ってくれるため、依頼する本人が仕事などで忙しい場合などにおいてはメリットが大きいといえるでしょう。 調停をする日ににおいては一緒に裁判所に来てくれることになっています。調停委員に対し、依頼者の意見を代弁してもらうことが可能です。話をするのがうまくないという人でも弁護士に伝えてもらうことで不利な状況を覆すことができるケースもあります。 離婚調停が成立したときにおいては、弁護士が調停調書の申請を行います。その後、家庭裁判所から届いた調停調書を持って役所に行ったら正式に離婚手続きを行うことができるという仕組みです。

弁護士に依頼するときの注意点もおさえておこう

弁護士に依頼するにあたっては、当然ながら費用がかかります。法律相談料・着手金・報酬金・日当がかかるためあまり安く済ませられるわけではありません。さらには、裁判所に支払う印紙代などの実費も必要となります。かかる費用については事前にしっかりと説明を聞いておく必要があるといえるでしょう。 法律相談においては、事前に問題点となっていることを整理して把握したうえで伝えることによってスムーズに手続きをしやすくなります。依頼者が最終的に何を望むのかやどのような解決を望むのかを先に決めておくことが大事です。問題を引き起こしている部分については、もしも証拠があるのならば事前に集めておくことも有利な交渉を行うためには重要となります。 離婚調停に必要なのは事前準備と対策方法にあることを理解すると良いでしょう。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加